メニュー

ニキビ

にきびの治療ニキビは皮脂の増加、毛穴のつまり、アクネ菌の増殖によって生じます。皮脂は毛包に付随する皮脂腺で作られ、毛穴を通って、皮膚表面に分泌されます。しかしなんらかの原因で、毛穴がつまってしまうと、皮脂の出口がなくなり、皮脂が毛包にたまっていきます。この状態をコメド(白ニキビや黒ニキビ)と呼び、これがニキビの始まりです。コメドができてしまうと、毛包の中でアクネ菌が増えていき、皮膚に炎症が起きてしまい、赤く腫れてきます。赤く腫れたニキビを放っておくと、持続性の赤みやへこみ、しこりなどの跡形が、ずっと残ってしまう可能性があるため、早いうちに治療をされることをお勧めします。当院では、健康保険が使える治療を行っています。また漢方治療なども行って治療効果を高めています。ニキビの悪化因子は、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足、食事の偏り、不適切な化粧品の使用、マスク刺激、ゴシゴシ洗顔など様々ありますので、皮膚の状態、丁寧な問診で、ニキビの悪化因子を突き止め、悪化因子回避のためのアドバイスもさせていただきます。ニキビ治療は継続が大切です。しっかり治るまで、お薬は自己判断で止めないようにしましょうにきびは、皮脂が多く分泌される部位(おでこ、頬など)にできやすく、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こす疾患です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME