メニュー

湿疹、かぶれ

皮膚の病気でもっとも多いのが、湿疹です。皮膚に赤みやぶつぶつ、水ぶくれなどができ、かゆみをともなうのが特徴で、かきむしるとただれたり、かさぶたができたりします。アトピー性皮膚炎や年齢性の乾燥肌、汗や衣服の刺激、アレルギー物質の接触や摂取、お薬などで生じます。当院では、病状に合わせ、主にステロイド外用剤や保湿スキンケア、かゆみ止めの内服剤、湿疹を悪化させない生活習慣のアドバイスをさせていただいております。かぶれとは、何らかの物質が皮膚に接触することで起こる皮膚炎のことです。原因物質に接触した部分の皮膚に一致して、かゆみ、赤み、小さな水ぶくれなどの症状が現れます。植物や金属、化学物質、化粧品、衣類など、身の回りにあるあらゆる物が原因物質になりえます。当院では、ステロイド外用薬などにより治療し、症状や問診により、原因と考えられる物質を推定し、回避していただくようにアドバイスさせていただきます。また治りにくい場合は、詳しいアレルギー検査(パッチテスト)目的で大学病院にご紹介させていただきます。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME